住宅で起こる内鍵トラブル~正しい対処法は鍵屋に確認~ 住宅で起こる内鍵トラブル~正しい対処法は鍵屋に確認~

内鍵トラブルに備えて覚えておきたい費用と解錠方法

内鍵トラブルの対処にかかる費用

内鍵トラブルに巻き込まれてしまった場合、一体どれくらいの費用がかかってしまうのでしょうか?鍵開けにかかる費用や内訳、さらに必要な書類などをご紹介します。

鍵開けにかかる費用と内訳

鍵開け

まず、鍵開けにかかる費用の相場は鍵開けを行なうものによって違ってきます。例えば、住宅などの場合8000~1万5000円、バイクや車の場合8000~1万円前後、ロッカー・デスクなどの場合は5000円程度となります。この料金の内訳は、主に作業にかかる料金や新しく鍵を作成する場合の費用、交換に使用した部品代、そして出張料金が含まれています。これらの内訳以外にも、鍵開けが困難なものの場合はさらに費用がプラスされることになります。

鍵開け前にはこれらの書類を用意しておく必要があります

鍵開けを行なうには、まず書類を用意しておきましょう。例えば家の鍵を開けたい場合、本人がこの家に住んでいるという証明となる本人確認書類(運転免許証・パスポート・学生証など)が必要となります。もしも本人確認書類がなく、保険証やクレジットカードで証明したい場合、郵便物や公共料金の領収書、賃貸借契約書などといった確認物をいくつか用意する必要があります。

内鍵の解錠方法とは

では、内鍵を解錠させる時、どのような方法で解錠させていくのでしょうか?一般的に行われている解錠方法をご紹介します。

一般的な解錠

一般的な解錠方法は、鍵屋さんの大切な道具である特殊工具を使って鍵内部のカム部分を引っ張り、さらに針金を入れて動かすことで解錠することができます。鍵屋さんは基本的にさまざまな鍵の構造を知っているので、色々な鍵に対応することができます。ただし、解錠が難しい場合もあるので、その場で業者の方がどのような鍵なのか判断する形になります。

鍵屋からの一言メモ

ドアノブの状態次第では開錠になるケースがあります(鍵屋)

劣化が激しかったり普通の解錠が難しかったりした時は鍵を破壊して開ける「開錠」になるケースもありますよ。開錠だとペンチやドリルを使って鍵の一部を壊して中に入れるようにするんです。もしも鍵を新しいものに交換したい時は最初から開錠にしておくとすぐに交換作業に移ることもできます。

TOPボタン