住宅で起こる内鍵トラブル~正しい対処法は鍵屋に確認~ 住宅で起こる内鍵トラブル~正しい対処法は鍵屋に確認~

ドアノブの寿命と交換のタイミングを把握

内鍵対策を兼ねた鍵交換~ドアノブの寿命とは~

内鍵トラブルは、ドアノブの劣化によって発生する場合があることはご存じでしょうか。ドアノブの劣化が分かったら、それはドアノブ交換に最適なタイミングです。では、交換が必要なタイミング時期についてご紹介します。

ドアノブの寿命とは

ドアノブ

ドアノブは毎日使うため、時間が経てば劣化が進みます。使用頻度によって変わってきますが、玄関ドアで使われているドアノブは約12~15年が目安です。この年数を超えてしまうと、故障の確率は高くなります。また、室内は玄関以上に使用頻度が多いため、さらに寿命が短いと考えられるでしょう。室内のドアノブは部品が小さいため耐久性が低いことも関係します。ドアノブの寿命を迎えると正常に動作できなくなってしまい、窓を開くことが困難になります。小さな変化なので気付きにくいですが、ドアの開閉や施錠の際に違和感があれば注意しましょう。

ドアノブ交換に関するQ&A

優先的にドアノブ交換をした方が良い箇所はありますか?
ドアノブ交換のタイミングを見極めるのは難しいですが、症状として空回りする、回す時にジャリと音がしてスムーズに回らない、何かが引っ掛かっているような感覚があれば交換しましょう。できれば、ドアノブが少しでも固く回しにくいと感じた時が、交換のベストタイミングです。異常を感じたらすぐに交換すると安心です。
室内用のドアノブなら自分で交換しても問題はありませんか?
ドアノブを交換する場合には、バックセットを測る必要があります。バックセットとはドアフチからドアノブ、サムターンの中心距離の事で、バックセットに適したドアノブを選ばなければいけません。個人でもできますが、精度の高い計測を行なう必要があるため、ドアノブ交換は個人よりプロにお任せした方が良いでしょう。

鍵屋のサービスを活用しましょう

鍵屋ではドアノブ交換やメンテナンスを一括で引き受けてくれるので、活用すれば内鍵トラブルなども防げるでしょう。

TOPボタン